三十三日目生まれ変わり

f0139517_22445012.jpg

久高島は沖縄では神の島だと言われています
なかでも島の一番端がカベールと呼ばれる神が一番初めに降り立った地にまいこさんとレンタル自転車で行きました
自転車は泊めてもらっているすなおさんのお友達のヘレンさんのところで借りました
ヘレンさんはフィリピンから来た人で、もう十年以上も島にいるそうです

カベールまでの道程は一本道で、森のなかに出来たような道を自転車で走りました
自転車は風を感じれ、久高島の景色はとてもよく、すごく気持ちが良かったです
一本道を走り続けると、海が見えてきました
海岸では釣りをしている人がいて、さんごと思われる岩のような海岸が広がっています
海岸は波で下のほうがえぐられています
海岸沿いを歩いていると、少しの砂浜がありました
ちょうど、岩をくぐって砂浜に行ける穴があり、そこを通り行きました
つい楽しくてはしゃいで二人で海に足をつけ写真を撮りあいました
海岸にはゴミがあり、ちょっと残念
でも、ゴミを拾うことは島の住民にしか許されません
神の土地からものを持ち出すことは許されないからです

そろそろ戻ろうということで、また一本道を自転車で走ります
こんな一本道なんてめったにないからと自転車で走る後ろ姿を写真でパチリ
一本道なんですが、両サイドの森に獣道みたいなものがあり、そこにはいろいろな名前がついた場所があります
男子禁制の土地もあります
横道を見つけて行こうとすると、虫が苦手なまいこさんが行きたがりません
そこは虫がいないとかちょっと嘘をついて一緒に行くことに
横道はトトロに出てくるような道で、ちょっとドキドキ
道は短く、すぐに海岸に出ました
海岸は綺麗なビーチで、まいこさんも来て良かったといってくれたので、誘った甲斐がありました
横道を戻る途中、天然記念物の大きく白く黒の斑点がついた綺麗な蝶がいて、ラッキー

森を抜けたあと、久高島の文化と歴史を学べるところを訪れました
島は独自の文化があり、同じ沖縄でも島だと全然違うんですね

そのあと、民家を見てから、自転車を返し、すなおさん宅に帰りました
そこで、カベールの海岸でくぐった穴が子宮と言われ、引き潮のときしかくぐれなく、そこをくぐると生まれ変わることが出来るそうです
自分も一皮むけれたのかな
[PR]
by bokuhadokomade | 2007-09-02 22:44 | 北海道→沖縄の旅
<< 三十三日目ハーレム 三十三日目朝日 >>