三十三日目さんしん

久高島から沖縄本島へ到着
けいこさんがさんしんを見にいくということで、一緒に連れていってもらいました
港ではけいこさんの知り合いで久高島の郵便やさんのごんちゃんがまっていました
ごんちゃんの車でさんしんが聞ける場所に移動
途中、雨にあい、雨があけると、半円の虹を見ることが出来ました
こんなにも完全な虹をみたのは初めてかも知れません

さんしんが聞けるという会場はこじんまりとした町内のイベントで、そこでは市民オーケストラ見たいなのや沖縄出身のお笑いコンビ、さんしんのバンドみたいなのを見れました
沖縄出身のお笑いコンビはあんまりわからなかったけど、さんしんはとてもかっこよく、聴けて良かったです

そのあと、ごんちゃん行きつけの沖縄の飲み屋にけいこさんと一緒に連れていってもらいました
そこで、久高島のことや、沖縄の方言のことなんかを聞きました
沖縄の方言だと、母音があいうえおが、あいういうになるとか(全部ではない)
さんしん弾いていた人に覚えといたほうがいい沖縄弁を聞くと、「まーさーびーん」は覚えといたほうがいいと言われました
意味は「おいしくいただきました」で、おばあなどに食べさせてもらったときにつかうそうです
最近、物忘れが激しいけど、覚えます!
まーさーびーん!!

また沖縄に行ったときはぜひ使いたいです!
すっかり沖縄好きになってしまったさー
[PR]
by bokuhadokomade | 2007-09-02 23:59 | 北海道→沖縄の旅
<< 三十四日目最終日帰宅 三十三日目ハーレム >>