旅を終えて自分とゴミ

f0139517_1545787.jpg

久高島にいたときに、一緒に海を見にきたけいこさんが言いました
「こうやって観光にきて綺麗な景色を見たいけど、観光にくることは自然を壊すことにもなる」
みんながみんな、マナーを守るなら自然は守られるのかな
甘い考えかもしれないけど、自分はそう考える
でも、そこら辺にゴミを捨てる人間は実際いる
そういう人がゴミをこの海に捨てたら、海岸はゴミだらけになる
あの綺麗で観光客もあまりこない久高島でさえ海岸にゴミが落ちている
久高島では自分はゴミを拾うことは許されないけと、それ以外のところでは拾える
そう言いながら、自転車で走りながら、道に落ちている大量のゴミを見過ごしてきたんですけどね
自分はとんだ偽善者ですね
日本縦断して、日本はゴミだらけ、大きな街やお金のあるところはゴミが少ない、トラックが通るところやトラックの休憩所はゴミだらけ
日本でもいろいろ、日本中のゴミをがなくなることはない
でも、減らすことは出来るはず
自分がゴミを減らそうとしても、地球規模から見たら些細なこと
でも、はじめなければ何もかわらない
最初はみんな小さいこと
自転車の旅が少しづつ進むようにね

高校のときの友達で普通に落ちているゴミを拾う友達がいた、普通にそこら辺にゴミを捨てる友達がいた
自分はどっちもただ見ているだけだった
今なら、ゴミを拾え、注意できるのかな
そうできればいいな

今思えば、ゴミを拾う友達はとてもすごいことをやっていたのだと思う
それが普通にならなければいけないことだけど
[PR]
by bokuhadokomade | 2007-09-04 15:04 | 北海道→沖縄の旅
<< 旅を終えて人と人とのつながり 三十四日目最終日帰宅 >>